ヒデさんの毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年9月9日 笠ヶ岳

<<   作成日時 : 2013/09/13 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

日程:2013年9月9日
場所:笠ヶ岳
標高:2897.8m
天気:晴れ
メンバー:Oh〜前さん、よっちゃん、僕

夏休みのレポの前にちょっと山レポ
昨年の9月に計画していた笠ヶ岳。昨年は台風であえなく中止。
今年は天気に恵まれたので、ちょっくら行ってきました

午前4時過ぎにヘッドライトを点けて無料駐車場を歩き始めます。
画像


真っ暗の中ヘッドライトの灯りだけが頼り
Oh〜前さんとよっちゃんはペースが速い
奴らについて行っては最後まで持たない…
今日は久しぶりの長丁場だから自分のペースを崩さないように一歩一歩歩を進めます

笠ヶ岳と双六岳方面の分岐点までやって来ました。
画像


さあ、ここから急な笠新道
地図上のコースタイムは杓子平まで4時間20分
目標は3時間30分です
ヘッデンを付けていきなりの急斜面を登って行きます。
画像


空が少しずつ白くなってきました。 雲の無い晴天っぽい
やっぱ、神様は味方してくれたんだね

画像
画像
画像

シルエットが浮かぶ槍ヶ岳、穂高、焼岳が美しくてカッチョイイ

背後の山々に後押しされながら徐々に標高を上げていく。
突然、お腹から雷が…
ヤ・ヤ・ヤバイ
しばらく歩けば治まるかと思ったけど、だんだん酷くなってきた
木の陰に隠れなきゃ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                 




は〜〜〜!
スッキリ!

いや〜、参った

視界も少しずつ開けてきました
画像


ようやく杓子平に到着。ここまで来てようやく笠ヶ岳を拝むことが出来ました
画像
画像


ここで大休止
ここまで、スタートしてから3時間30分。お腹の調子が悪いのに
笠新道だけで3時間30分かかると思ったのにね。

しっかり景色を目に焼き付けた後は稜線までの登りです。
画像


復活した僕は先頭を歩きます
画像


いや〜、この景色の中を歩けて幸せ
画像
画像
画像


しかし、この幸せは長く続かなかった…
「み・み・みんな、先に歩いて行って


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ゴロゴロゴロ

マジかよ〜(><);

こんなオープンの所に隠れる所なんて無いよ〜〜
団体のオバサマ達や山ガールとすれ違うし!
しかし、一瞬の隙をついて


                 



もう嫌!

なんか、腸まで出しちゃった感じ
おまけに菊の門はヒリヒリするし…

もう、今日の体力はここまでで全部使っちゃった感じ
もうここからはペースはガタ落ち

なんとか這うような気持ちで稜線に到着。
ここからの笠ヶ岳
画像


後は
画像


もう感動という言葉は今の僕には少ししかない
帰ろうかな〜
しかし、鬼のOh〜前さんとよっちゃんは、「え〜あとちょっとで小屋じゃん小屋から山頂まで登ればあとは重力に逆らわずに下るだけだよ
ありがとう君たち鬼のような温かい励まし

喉が渇くけど、水分補給が怖い
でも、脱水症状になるといけないので、少しずつ水分補給

こんな状態でも稜線歩きは楽しい
画像


抜戸岩
画像


笠ヶ岳山荘まであと少し
画像


やっと笠ヶ岳山荘に到着
画像


ここで昼食をとって、念のためにもう1回トイレに入って山頂へ
画像


山頂に到着
僕の体調が悪かったのですっかり時間がかかってしまいました
画像


よっちゃんはまだまだ余裕がある。若いって良いね〜
画像


さて、ここからクリヤ谷を下って行きます。
当初の目標は4時間だけど、きっと5時間以上かかるかな?
ガレ場を慎重に下って行きます。
画像
画像


途中から見た白出沢。数年前にあの沢を登って奥穂高岳を日帰りしたんだよな〜
体調が悪いからかもしれないけれど、もしかしたら笠ヶ岳の方がキツイかも…。
画像


元気いっぱいの二人は遥か下へ。
画像


真冬に穴毛谷を滑ってみたいけど、大雪崩の巣だからな〜
画像


穴毛大滝が見えた
画像


1時間20分下った所で振り返ると笠ヶ岳。ここで笠ヶ岳を見納めとなります。
画像


少しお腹の調子も戻って来たし、ここからガシガシ下るよ〜
しかし、気持ちとは裏腹でもう足が…
画像


それにしても、クリヤ谷って長い
長すぎる
おまけに石が滑って歩きにくい登山道ですね。
画像


ジュラシックパークのセット見たい
画像


5時間30分かかって槍見館の登山口に到着しました
画像


いや〜、長かった
なんでお腹の調子が悪くなったのだろう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も以前、黒部五郎岳の山頂付近で急にお腹が痛くなり、
瀕死の状態で隠れられる所まで駆け下りたことがあります(^^;
人はたくさんいるし、どーしようかと思いました、アブなかった〜(汗
ヒデさんもご無事で何より(^^;

笠ヶ岳は笠新道を日帰り往復しました〜
クリヤ谷は大変なコースだと聞いているんですがやっぱりそうなんですね?
次に行くときも笠新道往復になりそう(^^;

体調が悪い中の登山お疲れ様でした〜(^^)
みっちゃん
2013/09/15 19:38
みっちゃんへ
いや〜、この辛さは経験した者でしか分かりませんよね。だって、トイレが無いんですからね!
しかし、森林限界を超えてからのゴロゴロは隠れる所が無いので最悪です(涙)
僕ももし2度目に笠ヶ岳へ行くとしたら笠新道を往復します。
クリヤ谷は修行僧のルートです!
ヒデ
2013/09/17 21:29
ヒデさん

お疲れさまでした。
サンデー
2013/10/01 21:39
サンデーさん

菊の門も憑かれました…
ヒデ
2013/10/12 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年9月9日 笠ヶ岳 ヒデさんの毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる