ヒデさんの毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年9月29日 劍岳(早月尾根)

<<   作成日時 : 2014/10/05 20:22   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

「試練と憧れ」の剱岳。
いつかは登ってみたいと思っていた
しかし、天候や気持ちのタイミングが合わず、なかなかチャンスが来なかった

今回は時期も天気も気持ちも全てが揃ったので逝ってきました
メンバーは相棒のOh〜前さんと二人です。よっちゃんは来れませんでした

午前5時にヘッドライトを点けて出発
画像


いきなりの急登
先が思いやられる…
しかし、まだ元気 涼しいうちにガンガン高度を上げます

30分ほど歩くと明るくなってきたのでヘッデンを仕舞います。
画像


樹齢何年なのだろう?
画像


猫又山が良い感じに陽がさしてきてビュ〜テホ〜
画像


良い感じに紅葉が始まっています
上の方はちょうど良いかも…
画像

画像

画像


早月尾小屋で登ってきました
画像

画像

画像


早月小屋が山頂だと言わんばかりに3時間20分で登ってきました。
何だろうこのやり切った感
まだ先はあるというのに…

ここまで来ると紅葉がちょうど見ごろ

さあ、ここからが剱岳っぽい所が始まりますよ〜
栄養補給をし、気合を入れて出発

振り返れば早月小屋。
画像


この辺から一気にペースダウン
「ヘロヘロなのは年齢なのか、体力なのか、根性なのか、体重なのか?」とOh〜前さんに聞いてみた
「体重です」ってあっさり言われた
分かっているんだけどね…
画像

画像

画像


岩場が多くなり、落石の心配があるのでヘルメット着用
たまに落石でケガをしたり、命を落とす人もいる危険な所なのです
画像

画像


やっとの思いで山頂に到着
画像


富士山
画像


噴煙を上げる御岳山
画像


研修旅行で登った燕岳方面。
画像


清水岳、白馬岳、白馬鑓ケ岳
画像


五龍岳と鹿島槍ヶ岳
画像


立山
画像


いつまでもここからの景色を眺めていたいのだが、日没までに下山しなくちゃ

下りはちょっとしたミスが命取りになります
慎重に下ります。
画像


下界はすっかり雲に覆われています。
見事な雲海
画像


早月小屋まで下ってきて、最後に剱岳を目に焼き付けます
画像


画像


もう足はガクガク
体重を減らさねば…


午後5時無事に下山完了
画像


今シーズンの目標の一つであった剱岳を登頂して大満足。
スキーシーズンまでもうすぐなのでエグイ登山はこれにて終了です。
これからは降雪までマッタリとした登山を楽しみます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やったー!早月尾根日帰り!!
天気も紅葉もバッチリのいい日に行かれましたね
やっぱここは1回はチャレンジしてみたい所ですね
私が行ったのは3年前・・懐かしく拝見しました♪

この前、白山の一般道でもヘルメットかぶってる人がいました
登山でヘルメットは必需品になってきてますね
どんな山でも何があるか分からないなぁとつくづく思います
安全第一ですね

試練と憧れ、お疲れさまでした(^^)
みっちゃん
2014/10/06 18:39
みっちゃんへ
おはようございます。
昨晩は皆既月食で幻想的なお月様が見れましたね。
3年前に単独で登ったレポは僕も覚えています。
「凄いな〜!僕もいつかは剱岳に登ってみたい。」と思いました。それがこの秋に実現することができて嬉しく思っています。
それにしても、よくあそこを単独で登りましたね〜!
僕はパートナーがいたから引っ張って行ってもらったようなものですが、単独なら登頂したことにして引き返したことでしょう。
早月尾根はまさに「試練と憧れ」ですね。

これからはちょっとした山なら良いけど、エグイ山や火山を登る時はヘルメットが必須ですね。
すれ違う人の一部の人しかヘルメットを被っていませんでした。いくら剱岳は火山じゃないと言っても落石の危険性が高い山なのにね。
でも、ちょっと恥ずかしい
ヒデ
2014/10/09 10:21
ついに剣岳!
それも早月尾根からですか!(@_@)
私が登ったのは剱沢から。
いよいよヒデさんも山男の仲間入りですか
この冬は
冬山テント泊に挑戦しては?
零下のテント
翌朝は枕元の水も凍り
シュラフからは出られない・・
結構おもしろい体験ができますよ〜(笑)


こむぎ
2014/10/11 14:50
こむぎさん
早月尾根は手強かったです。
でも今度は早月尾根から登り、室堂へ日帰りで抜けてみたいです。
冬のテント泊はやってみたいですね♪
でも、あの重い荷物を背負って滑るのは楽しめないかも…
ヒデ
2014/10/14 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年9月29日 劍岳(早月尾根) ヒデさんの毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる